白蟻工事

・家の中や外で羽ありを見つけた

・お庭に何気なく置いていた木の廃材や板切れに白蟻がいた

・何だか最近床がギシギシする・・・

 

こんな症状ありませんか?

 

白蟻は地中から建物の床下を通って侵入するケースがほとんどです。

なので中々被害に気が付きにくく、気が付いたときには家の柱や土台が食べられブカブカになっている場合がよくあります。

このような被害が出る前に事前の予防消毒をおすすめいたします。

 

特に何事もないけどもう5年以上は床下見ていないな…という方も点検を是非おすすめします。点検は無料で行っておりおますので、お気軽にご相談ください。

 

施工例

確実な薬剤処理はもちろんのこと、薬剤は人体に影響のないものを使用していますので、ちいさなお子さまやワンちゃんネコちゃんなどペットを飼われている方もご安心いただけます。

DSCF1860_R

床下の木材に数か所穴をあけ、薬剤を注入していきます。

木材の強度をきちんと考慮して行います。

注入後、木栓でふさぎ、さらにその上からも薬剤を散布します。

DSCF1864_RDSCF1865_RDSCF1866_RDSCF1867_RDSCF1868_R

床下地面全体、基礎部分に薬剤を散布します。

DSCF1870_RDSCF1877_R

床下からの工事が出来ない浴室や玄関、玄関ポーチなどはタイルや土間から直接薬剤を注入します。

注入後はきちんと補修しますので、跡はほとんど目立ちません。

P1017385_RP1017387_RP1017396_RP1017405_RP1017410_R

 

☆施工が完了しましたら、5年間の保証書をお渡します。

工事後にシロアリが再発し、建物に被害が発生した場合、保証内容に応じてその修復費用を補償いたします。

また、保証期間中は1年に1度の定期検査を無料にて行います。